男の子育て…貧乏に負けない

スポンサーリンク

中学生になって3ヶ月

息子が中学生になって3ヶ月目です。1ヶ月ほどで夏休み。
すっかりさぼっていました。いくつかのブログを書いていますがどこもさぼりがちです。ここだけは続けようと思っていたのですがかけていなかった。誰のためでもない日記。自分の人生を書きつづるブログです。気を取り直してもう一度書き続けたいと思います。
もしもリアルな知人が読んでくれていたとしたら元気にしている事をお伝えします。
これからは息子と自分の事を書いていきます。重複もあるだろう。時期もバラバラになるだろうがお許しいただきたい。再開ということです。

息子は中学生になり元気でやっています。野球部に入り元気に練習しています。少年野球をやっていないので他の子達とは随分差があるよと教えたのですがそれでもやりたいというのでできる範囲で応援します。数日前から風邪気味で昨日は部活を休みました。今朝は熱が少し下がったみたいで朝練に行きました。部活はユニフォームやらスパイクと金がかかります。大変だなあ。

就学援助は引き続き受けられることになりそうです。ほんの少しでも楽になります。

店の方はどん底をはいずっているところです。毎日苦しい想念ばかり浮かんでくるのですがなんとかなるさと自分に言い聞かせています。

また、詳しくじっくりと書いていきます。書く気力だけは取り戻したいと思っています。

中学入学準備

小学校から中学入学準備の案内が届いている。

平成22年度入学生の物品購入について(お知らせ)という案内がきた。凄い量を購入しないといけないことになるようだ。義務教育だろう!そう思う。規則の中に押し込んで教育というのかと叫びたい。が、世間からは金がない奴の遠吠えくらいにしか聞こえないかもしれない。しかし、代用品がいくらでもあると思うのは僕だけではないはずだ。すべての親が余裕を持って購入できるわけではないのだ。子供のためという類の金ではない。一度考えて欲しいものだ。
購入しなければならないのでお金の工面はしないといけない。
何が必要なのと確認
◎長袖トレシャツネーム入り
◎トレタイツネーム入り
◎半袖丸首ネーム入り
◎クォーターパンツ
◎体育館シューズ
◎通学用シューズ
◎スクールバッグサブバッグ
◎通学用ヘルメット
◎ヘルメット用校章シール
◎安全タスキ
◎制服
◎通学用自転車
◎ウインドブレーカーネーム入り
◎柔道着
こんなに必要。さらにそれぞれに購入方法まで指示がある。制服なんかは市標準マーク入りのものらしい。
納得いかないこともあるが…仕方がない

卒業式

 昨日、息子が持って帰ったプリントを見ていた。よく見ると3学期のスケジュールが書いてある。そうか、卒業式はまもなくだというのを忘れていた。小学校の卒業式は3月19日金曜日だ。臨時休業して出席する。ほとんどの行事に出ていないおやじだ。運動会だけは5年生の時を除いて出席している。5年生の運動会は順延で連続して臨時休業できないから欠席した。卒業式、入学式はそんなわけにはいかない。スーツがいるんだなあ。チェックしておかないといけない。サイズが合わなかったら2ヶ月近くあるからダイエットするしかないなあ。

 6年間の感慨はないが、息子の学校生活を知らない親父です。いいのか悪いのかわからない。父としてではなく、人としてできるだけ早く自立するように育てているつもり。どんな大人になるのかはわからない。一歩ずつ成長して大人になっている。中学生になるんだなあ。中学生になれば運動会にも参加しない。なにかあったとしても中学校の隣が店なので問題ないだろう。

あけましておめでとうございます

さぼってた。随分書いてません。2010年になってしまった。

息子は今年中学生になる。物いりだなあと思っているところ。
なんとか入学に必要な準備金を用意しないといけないなあと思っています。が、景気が悪すぎて売上が伸びません。秘策を考えないと…。就学援助でどのくらいいただけるのかなあ。よくわからないのです。
制服、体操服、自転車、鞄等々。必要な物がたくさんあって。どうするのだろうなあ。宝くじが当たって欲しいと真剣に思います。

そういえば年末ジャンボ宝くじ買ったんだ。当たっているか見ないといけないなあ。当たっていますように。

息子が中学生になる今年、なんとか穏やかにすくすくと成長してくれることを祈ります。

経過良好

9月1日に斜視の手術を受け1ヶ月後の検診。良好と言われた。外斜視は戻りが多いらしい。最初は左目、今回は右目。どうやらというか、両目で見るようになったとのこと。更に戻りの可能性もあるらしいが、経過良好とのことでひと安心。次回検診は半年後、次は中学生なんだなあ成長を感じる。

病気、怪我の多い子だ。親の方は53年間入院の経験はない。息子は、3歳で川崎病。骨折、斜視の手術と5度も入院している。これからはこんな事がなければいいのだがなあ

抜糸

先日の息子の怪我は順調に治っています。一昨日、抜糸をしました。通院は終わりだろうと思っていましたがしばらく消毒をしないといけないそうです。傷がくっついたので日にち薬です。医者が来なさいと言うので行っています。明日はこども病院の受診日、傷の治療は休みます。

軽い認知症と思っていたのだが

 3日前の土曜日の事だった。営業中に息子から「痛い痛い、ナイフで切った」と電話が掛かってきた。どうやらカッターナイフで指を切ったようだ。電話の向こうではおじいさんが「大丈夫」と無責任な事を言っている。息子が「じいちゃんに切られた」とも言っているのだが事情がわからない。とりあえず息子を店まで来させた。傷は大したことはなそうに思えた。けがの状況を聞くと、じいさんがふざけてカッターナイフを振り回して追ってきて避けようとしたときに右手人差し指当たったということらしい。
 息子にじいさんの様子を詳しく聞くと、ほうきや棒きれを持っておわえてくるらしい。日常的には、根拠のない小言をいうこともあるらしい。じいさんは都合が悪くなると「とうちゃんに言うぞ」と言っているのを耳にする。どうやら分別がついていないようだ。今回のカッターナイフの振り回しも同じように、体に当たればどうなるかの想像ができなかったのだろう。だから、じいさんには息子のけがに関しては一言も触れていない。どうすればいいのかもわからない状況だ。
 息子のけがだが、当日の夕方近くの病院で診てもらった。傷の長さは3センチ少し。4針縫った。指先なので痛みがきついようだ。しばらくは通院することになる。
 じいさんは軽い認知症だと思うのだが。素人判断は良くないのだろうとは思う。今後の事を考えると頭が痛い。対処方法をどこかで相談しないといけないと思っている

修学旅行は12月に延期

 息子の修学旅行は今日の予定だった。新型インフルエンザには注意をしていた。ところが、台風で延期するとは想像していなかった。12月8日に延期となったが、新型インフルエンザが流行していないことを祈る。

 修学旅行の延期は昨日のうちに決定していた。修学旅行は12月8日、9日に決定。次こそアクシデントがないといいのだが。
 今朝は、修学旅行が延期になったものの警報がでれば休校。午前7時には警報がでていて自宅待機。午前9時10分に警報が解除となり集団登校したようだ。給食がないので午前中で授業は終わり。なんだか休校でも良かったのではないのかなあと思うがそうもいかないらしい。

 学校に行って授業があったのかはわからないが、修学旅行延期の短歌を作ったそうだ。みんな楽しみだったのがよくわかる。12月は楽しい修学旅行になるだろう

台風接近

 天気予報を見ていると、8日早朝に近畿地方に接近すると報じている。なんと、8日は息子の修学旅行の日だ。修学旅行の案内を読むが天候については書かれていない。雨具の用意くらい。台風が近づいて警報がでたときは中止なのだろうが、台風の接近が未明から明け方。どう対応するのかは今日か明日に連絡があるのだろう。

 修学旅行はなんのために行っているんだろうなあ。僕の場合、修学旅行には行っているのだが、ほとんど記憶が残っていない。そんなに楽しくなかったのか、それすら憶えていない。それは、過去の出来事を繰り返し思い出さない習慣のせいだろう。同じような人もいるはず。反対に、事細かく憶えている人がいる。そういう人は、繰り返しアルバムを取り出しては想い出に浸っているのだろう。悪いことではない。僕が特赦だと思う方が当たり前。写真をいっぱい撮ることもない。アルバムに保存することもない。自分がそうだから息子のアルバムを作ることもない。カメラは持っている。デジタルカメラのデータはPCの中にある。プリントアウトもほとんどしたことがない。最近、知人の写真を印刷したが、簡単なんだと知ったばかり。

 修学旅行から話がはずれてしまったが、小学校の思いでの一つになるかなあ。台風次第だ。

修学旅行事前健康調査

 昨日、学校から帰った息子が修学旅行事前健康調査を出していないと言ってきた。どれと修学旅行の説明の2枚めにそんな用紙があった。すっかり忘れていた。締め切りが昨日だったので月曜日に持って行かせることにする。内容的には修学旅行で必要なのかどうか疑問だが…。

 今年の修学旅行は新型インフルエンザに振り回されているようだ。学校内、旅行先で流行したら中止になるんだろう。小学生にとっては楽しみな修学旅行。中止になればどうするのだろう。別の日程で旅行をさせてやるのだろうか。この頃の小学校ではスケジュールがいっぱいあって計画が立てられないのかもしれない。

 修学旅行の小遣いは6,000円。市内小学校の統一だとか。大人になれば制限は必要ないのだが、小学生だとたくさん持っていれば持っているだけ使ってしまうだろう。ただ、6,000円は小遣いで、おみやげは別途持たせてもいいのではないかと思う、どうやら、町内の下級生におみやげを買ってくる慣例があるようだ。人数が多いと小遣いに影響するらしい。おじいちゃんや普段世話になっている人達におみやげを買いたいだろう。自分の為だけに使える6,000円だったらいいのになあと思うのだ。まあ、6,000円以上持って行く子供達の方が多いだろうけどね

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。