就学援助 - 男の子育て…貧乏に負けない

スポンサーリンク

就学援助申請

 就学援助を申請し始めて7年になる。小学1年生になったときにも就学援助の申請が可能だったが変なプライドで残念した。2年生になったとき、思い切って申請した。その後は当たり前のように申請をしている。
 就学援助申請をして楽をしているわけではない。一生懸命に働いているのだがどうしても売上が上がらないのだ。それを理解して欲しい。給食費を免除して欲しいからではない。無理をすれば払えるだろう。就学援助で少し笑顔をもらっていると思っていただければと思います。
 児童手当がなくなって子供手当をもらうようになった。子供手当は月額13,000円。それまでにもらっていた児童手当は5,000円。実は8,000円の増額だった。13,000円と言われるけれど、本当に助かるのだ。学資保険を解約しようとも考えるが子供手当のお陰でぎりぎり続けられそうだ。野党が反対している子供手当。確かに正論だと思うが、もらっている者の中には私のようにあてにしている人もあると思う。大きな声で言えないんだ。子供手当はやめないで欲しい。できたら当初予定の26,000円に増額して欲しい。
 何度も書きますが遊んで暮らしているわけではありません。今、いただいている子供関連の福祉を止められると生活が成り立たない。ぎりぎりで乗り切れるか微妙なのだ。景気が上向いてくれると助かるのだが東日本大震災で無理だろう。

就学援助世帯表兼認定申請書

就学援助世帯表兼認定申請書という名称だったとは。毎年書いていたのに見ていませんでした(笑)
息子がその就学援助世帯表兼認定申請書の用紙をもらってきました。ちなみに、クラスではもう一人いたそうです。そんなものでしょうか。早急に提出し、後日所得証明書を提出とのことです。

この頃、営業成績が思わしくなくて落ち込んでいます。知恵がわいてこないばかりかランニングすらペースをつかめません。稼げないのにアフィリエイトをやっているわけですがブログの更新も満足にできていません。いつもなら何を書こうとか、この広告を貼り付けようとか、リンクはとか色んな事がわいてきていた。ここのところ全然ダメです。なんでなんでしょう。知恵がわいてこないみたいな感じです。気分転換が必要かもしれません。夜は寝付きが悪い。朝は起きられない。なんか悪循環です。明後日が休みなので明日はビールでも飲みますか。みたいな感じです。ただ、酒は筋肉を痛めるようで、背筋痛がやってきます。微妙なところです。

就学援助

 就学援助は、息子が小学校2年生の時から申請してもらっています。1年生の時は世間体が悪いみたいな思いがあって申請していません。知人と話したときに「もらえるのならもらえばいい」という助言があったので助かっています。父子家庭に援助はありません。医療費が小学校6年生まで無料になっています。
 就学援助の援助範囲(各市でちがうかもしれませんが)
●学用品費・通学用品費
●校外活動費
●新入学学用品費
●修学旅行費
●学校給食費
●医療費
●通学費
●体育実技用具費
学年等で違うようです。

援助を受けられる人
●生活保護を受けている方
●1から8のいずれかに該当、かつ世帯の所得が認定基準以下の世帯
 1、生活保護の停止又は廃止になった世帯
 2、市民税の非課税または減免を受けた方
 3、個人事業税の減免を受けた方
 4、家屋の新築以外の理由で固定資産税の減免を受けた方
 5、国民年金または国民健康保険の保険料の減免を受けた
 6、生活福祉資金の貸付を受けた方
 7,失業対策事業適格者手帳を持っている方、または職業安定所の日雇労働者として登録している方
 8、その他、収入が少ない方、または収入が不安定の世帯
●児童扶養手当(父と生計を共にできない児童・生徒を養育している人に支給される手当)の支給を受けている方
●特別な事情のある方(学校または教育委員会学校教育課までご相談ください)

新学期が始まってすぐに申請用紙をもらっています。もしも、こんな制度を知らなかった場合は、居住地の市役所に問い合わせるといいと思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。