スクールカウンセラー - 男の子育て…貧乏に負けない

スポンサーリンク

スクールカウンセラー

息子がスクールカウンセラー便りをもらってきた。学校でカウンセラーができていた。アホな親なので知らなかった。相談日は毎週月曜日。12時からごご18時。常駐ではないようだ。気軽に相談というわけにはいかない。相談の時間が重ならないように事前連絡が必要。今のところカウンセラーに相談は必要ない。カウンセラーと会うことができるのかなあ。見ず知らずの人に相談できるのかなあ。不思議な感じだ。悩みを相談する相手にカウンセラーを選ぶ。しかも、学校か教育委員会から派遣された人。ちょっと複雑な感じだ。なぜそんな事を思うのか。ずいぶん前になるが、店舗前で下水工事の際にかなり営業に支障が生じた。それを相談した市の担当者が顧問弁護士に聞いてみたところ、賠償はできないと門前払いされた事がある。カウンセラーとは違うがどうも良い感じがしない。守秘義務があるというがなんとなく気持ち悪い。そんな気がするのだ。そもそも、悩みを相談するということがない。気軽に相談なんてあり得ないのだ。まあ、僕の方に問題があるのか変わり者なのか。当分は必要ないと良いのだが。気がかりは、息子がいじめられやすい性格だということ。人に反抗を示さない。変な言い方だが言いなりになりやすい事。少々心配だ。先日、弁当を食べていたときに友達が地面に落としたおかずを息子の弁当箱に入れたことがあった。度を超せばいじめに繋がる。たぶん野球部の同級生だろう。相手を殴るくらいの強い気持があればいいのだができない子。いいのか悪いのか。親の試練かもしれない。
ここは記事下のフリースペースです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。