就学援助申請 - 男の子育て…貧乏に負けない

スポンサーリンク

就学援助申請

 就学援助を申請し始めて7年になる。小学1年生になったときにも就学援助の申請が可能だったが変なプライドで残念した。2年生になったとき、思い切って申請した。その後は当たり前のように申請をしている。
 就学援助申請をして楽をしているわけではない。一生懸命に働いているのだがどうしても売上が上がらないのだ。それを理解して欲しい。給食費を免除して欲しいからではない。無理をすれば払えるだろう。就学援助で少し笑顔をもらっていると思っていただければと思います。
 児童手当がなくなって子供手当をもらうようになった。子供手当は月額13,000円。それまでにもらっていた児童手当は5,000円。実は8,000円の増額だった。13,000円と言われるけれど、本当に助かるのだ。学資保険を解約しようとも考えるが子供手当のお陰でぎりぎり続けられそうだ。野党が反対している子供手当。確かに正論だと思うが、もらっている者の中には私のようにあてにしている人もあると思う。大きな声で言えないんだ。子供手当はやめないで欲しい。できたら当初予定の26,000円に増額して欲しい。
 何度も書きますが遊んで暮らしているわけではありません。今、いただいている子供関連の福祉を止められると生活が成り立たない。ぎりぎりで乗り切れるか微妙なのだ。景気が上向いてくれると助かるのだが東日本大震災で無理だろう。
【就学援助の最新記事】
ここは記事下のフリースペースです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。