最終章 - 男の子育て…貧乏に負けない

スポンサーリンク

最終章

そば屋の業績が回復しません。兆しすらない。日を追うにつれ売上は少なくなる。かといって悲壮感はない。ようやく開き直れたようだ。ほんの少し業績が上がってくれれば延命できるかもしれない。

一番問題なのはどういう形で閉店するかだ。資金力があれば移転して再開店というてもある。スポンサーでつけばいいのだがそんなあてはない。年越しそばと共に閉店が良い形のように思える。しかし、後3ヶ月耐えられるかが難しい。なんとかあと3ヶ月。運が良ければ来年もそば屋でいられるかなあ。

申し訳ないのが10年間変わらずに来店し続けていただいたお客様。1週間に来店いただけるお客様の半数以上がお得意様なのだ。中には廃業をしないように願いながら来店されるお客様がいる。申し訳ないと思っている。知名度を上げられなかったのが一番の要因。確かに少しは広告宣伝をした。屋外看板の設置。屋根に手打ちそば書いた(笑)ブログの数を増やした。最近は更新が減ったかなあ。

そんなこんな事もまもなく終わりになる可能性が大きい。貯えがなくなり借入が増えた。どうしようもないところまでやるつもり。Xデーがいつなのかわからないがまもなくだと思っている。その日はお礼とお詫びをしないといけないなあ。
ここは記事下のフリースペースです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。