空き巣にやられた - 男の子育て…貧乏に負けない

スポンサーリンク

空き巣にやられた

今朝、いつもの通り出勤して作業をしていた。フキンを干そうと客席の物干しまで行ってフキンを干そうとした瞬間ガラスの破片が目に入ってきた。まさに、なんじゃこれ!裏口から出勤して作業をしていたが、倉庫や厨房はいつもと変わりない。客席まできて気づいたわけだ。よく見ると施錠がはずされている。あきらかに空き巣の仕業。室内を見回すが荒らされた形跡はない。レジはいつもの通りドロワーを開けていた。さわれた形跡がない。110番通報をして警察の到着を待つ。玄関扉のガラスを割られた被害だけのようだ。現場検証をし、サインをして警察官は帰っていった。一人の警察官がうちに来られたことがあるお客さんだった。世間は狭い。割れたガラスをどうするか。近くにサッシ屋さんがあったのを思い出した。店に出掛ける前によってみると人がいる。どうやら社長のようだ。事情を説明すると気持ちよく9時半頃に見に来てくれるとのこと。ひと安心。9時半頃店に来られて採寸。ガラスを入れてもらったのが10時過ぎ。感謝です。損害保険の担当者にも電話して一件落着。迷惑な空き巣だった。
ここは記事下のフリースペースです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。