男の子育て…貧乏に負けない

スポンサーリンク

修学旅行の積立

先週の参観日に修学旅行の説明と書いてあった。てっきり3年生だと思っていたのだが2年生だった。
息子が修学旅行の積立についての説明書と振替依頼書を持って帰ってきた。息子の修学旅行は来年5月23日から25日、沖縄らしい。費用は6万円。10回の事前支払のようだ。
自分の修学旅行の費用がどうやって支払われたのか知らない。親は同じように支払が辛かったのだろうなあと思った。

季節の変わり目だからかもしれないが久しぶりに背筋痛がひどい。背筋痛だけでなく全身筋肉痛みたいな感じ。疲労蓄積なのだろうと思って早めに床について眠るがすぐ目が覚める。うとうと状態で朝を迎える。朝のうちはまだいいのだ。朝一番の仕込みをすませ朝食。ここからが全身痛。倦怠感。どうしようと思うのだがだんだんと気温が上がってくるのでなんとか動ける。
暖かい気候になってきたのでほんの少しお客様が戻ってきたように感じる。明日の日曜日は少し仕込みを増やす。仕込量が多かった頃に比べ半分程度になっている。リズムが変わったので仕込みが順調にできるかどうか。もともと仕込量が変わってもすぐ対応できるように時間配分をしていた。ところが日課になってしまってはずせなくなってしまった。明日は少し早起きして仕込みすることにしよう。どうせ目が覚めるんだから。問題は体が動くかどうか。いつの間にかこんな体になってしまった。今後からだがもつかなあ。その時はその時と開き直れるまでになれないのだった。

家庭訪問、今年も断った

 家庭訪問を今年も断った。家庭訪問の意義はなんだろうなあと考える。おざなりの儀礼的な行事になっている。私たちが子供だった時代、昭和30年代。教員が各家庭の事情を知った上で指導する。そんな事が必要だった。現在、個人情報保護が声高に叫ばれている。クラスの連絡網すら作れない状況。家庭訪問して生徒の各家庭を訪問してなんの情報を確認するのだろう。不思議でならない。学校は年間行事を消化するだけ。本当にこどもたちの為にやることを考え直さないといけない。
 PTAも不要だろう。毎年地域ごとに役員を決めて行事に強制参加。クラス委員を決めて行事の取り仕切り。なぜですか?と訊いてしまう。必要なんですか?保護者の団結が不可欠ですか?
 一度だけ家庭訪問に来てもらったことある。息子が小1の時だ。先生が来られて話す内容は、元気でやられてますよ…、後は自己紹介。申し訳ないが時間の無駄だった。それ以降家庭訪問を断っている。年配の女教師は自宅まで電話をかけてきて、家庭訪問の趣旨を説明した。あなたが家庭を知ってどうするの?教育に役立つの?個人情報保護で踏め込めないのに。そんな事を話したことを覚えている。学校行事の遂行に一生懸命な教師なんだろう。
 考えてみれば息子の担任の顔すら知らない。必要ないもの。必要なら連絡するから問題ない。そんな細くて薄いつながりでいいのだと思う。学校と親はその程度でいいのだ。
 近頃はパワーなんとかという親がいて学校に難癖をつけると聞く。また、給食費を払わない親もいるという。給食費は就学援助を受ければ補助してもらえる。それでいいと思う。
 良い教育なんていうのはないのだ。運良く勉強ができたと思えばいいのだ。どんなに上手に教える技術を持っていても全部の生徒が理解できることはない。生徒毎に違うのだ。個性とも違うと思う。
 そんな事を考えていた。
 息子はipodを手にして勉強をしない。何度叱っても同じ。見事に真ん中の成績。「良い高校」への進学は無理だろう。親の自分もそれを受け入れなくてはいけないと思うようになった。まあそれなりになんとかなる。

明日の弁当がなくなった^^

息子のチーム、今日の試合に負けました
明日は練習が短くなるみたいです。弁当は作らなくていいそうです。ちょっと嬉しい。朝の時間、弁当を作る時間はないのです。それで10分という時間を捻出しなければならないのです。10分で弁当と思われますが、朝食準備に10分を加えればチンチン弁当は可能です。玉子焼きを作るのならもう5分必要。電子レンジでチンですから流れさえ間違わなければ大丈夫です。明日はそれを気にしなくて良いので気分が楽。10分と言えばツイッターでつぶやいてブログに記事書けるかなあ。アホな事ばかりしてます。
夕方散髪に行くと言って散髪屋に向かった息子。遅かったので散髪屋は閉まっていたそうです。ぞういえば、スポーツ刈りから普通の髪型に変えたので伸びるのが早いかも。自分がスポーツ刈りをしていて楽なのでなんか気に入らない。まあ、そんな事で何にも言いません。
夕飯はラーメン屋に行こうと思っていたのですがやめました。どうもタイミングが合わないと嫌です。更に阪神がさよなら負けしたし…あ〜あ。眠くなった、寝よ

背番号付け

寄り合いに行ってきました。正確には農家集会。田植え前の打ち合わせ、例年の決め事項の確認。そういうことです。報告、協議事項も少しあるのですが30分で終了。早く終わって良かった。帰って飲めるわと思い帰宅。息子がユニフォームと背番号を持ってきた。そうか、明日は試合か。でも、控え選手の番号。10番。いい番号だと思って息子に聞いたら、特に意味はないそうだ。仕方ないのでユニフォームに背番号をつけた。問題は老眼。裁縫は得意ではないが簡単な縫い物くらいはできる。が、この頃の問題は糸通し。若かった頃、縫い針に糸を通すなんて難しいとは思わなかったよね。今は針の穴が見えない。糸の先がわからない。眼鏡を外してなんとか確認できた。背番号付け自体は簡単。ザクザクと縫いつけるだけ。でもね、下手だから時々指に針を刺してしまう。今日は3回。鈍感になったとはいえ痛い。まあいいか。一応背番号付けは終わった。

手先は器用な方だと思うのだが何十年も裁縫針なんて…。機会がなかっただけ?不器用?

スクールカウンセラー

息子がスクールカウンセラー便りをもらってきた。学校でカウンセラーができていた。アホな親なので知らなかった。相談日は毎週月曜日。12時からごご18時。常駐ではないようだ。気軽に相談というわけにはいかない。相談の時間が重ならないように事前連絡が必要。今のところカウンセラーに相談は必要ない。カウンセラーと会うことができるのかなあ。見ず知らずの人に相談できるのかなあ。不思議な感じだ。悩みを相談する相手にカウンセラーを選ぶ。しかも、学校か教育委員会から派遣された人。ちょっと複雑な感じだ。なぜそんな事を思うのか。ずいぶん前になるが、店舗前で下水工事の際にかなり営業に支障が生じた。それを相談した市の担当者が顧問弁護士に聞いてみたところ、賠償はできないと門前払いされた事がある。カウンセラーとは違うがどうも良い感じがしない。守秘義務があるというがなんとなく気持ち悪い。そんな気がするのだ。そもそも、悩みを相談するということがない。気軽に相談なんてあり得ないのだ。まあ、僕の方に問題があるのか変わり者なのか。当分は必要ないと良いのだが。気がかりは、息子がいじめられやすい性格だということ。人に反抗を示さない。変な言い方だが言いなりになりやすい事。少々心配だ。先日、弁当を食べていたときに友達が地面に落としたおかずを息子の弁当箱に入れたことがあった。度を超せばいじめに繋がる。たぶん野球部の同級生だろう。相手を殴るくらいの強い気持があればいいのだができない子。いいのか悪いのか。親の試練かもしれない。

就学援助申請

 就学援助を申請し始めて7年になる。小学1年生になったときにも就学援助の申請が可能だったが変なプライドで残念した。2年生になったとき、思い切って申請した。その後は当たり前のように申請をしている。
 就学援助申請をして楽をしているわけではない。一生懸命に働いているのだがどうしても売上が上がらないのだ。それを理解して欲しい。給食費を免除して欲しいからではない。無理をすれば払えるだろう。就学援助で少し笑顔をもらっていると思っていただければと思います。
 児童手当がなくなって子供手当をもらうようになった。子供手当は月額13,000円。それまでにもらっていた児童手当は5,000円。実は8,000円の増額だった。13,000円と言われるけれど、本当に助かるのだ。学資保険を解約しようとも考えるが子供手当のお陰でぎりぎり続けられそうだ。野党が反対している子供手当。確かに正論だと思うが、もらっている者の中には私のようにあてにしている人もあると思う。大きな声で言えないんだ。子供手当はやめないで欲しい。できたら当初予定の26,000円に増額して欲しい。
 何度も書きますが遊んで暮らしているわけではありません。今、いただいている子供関連の福祉を止められると生活が成り立たない。ぎりぎりで乗り切れるか微妙なのだ。景気が上向いてくれると助かるのだが東日本大震災で無理だろう。

学級委員選挙

毎年、新学期になると保護者の学級委員選挙がある

父子家庭、土日営業している飲食店

PTA活動なんて無理です

例年通り、選出されてもお受けできません

投票も遠慮させていただきますと書いて投票用紙を息子に渡した

でも、保護者の学級委員って必要なんですか?

そう思うのでした

PTA活動すらないところの学校も増えたと聞く

これからお断りする学校行事がある

家庭訪問

家庭訪問は毎年お断りしている

学校側の指定時刻に合わせるのは苦痛だ

それに家庭訪問の意義も感じない

30年以前のように各家庭を把握して子供を見る時代なら

必要だったかも知れないが

現代、そんな必要はないだろう

各生徒の家庭に入り込むのはダメだろう

そんな時代なんだ

生徒と生徒の家庭の状況把握はある程度知る必要がある

個人情報ということで結核の検査や就学援助の申し込みは

封筒に入れての用紙を配布する

堅苦しいが私としてプライバシーに入ってこられないので

いいなあと思うのだ

回転寿司

今は春休み

毎日部活に行っている息子

今日は春休み最後の日だけど入学式準備のために登校

昼過ぎに帰ってくるので昼ご飯を食べに行くことにした

どこで食べたい?牛丼かなあ?と尋ねると

スシローに行きたいだって

ということで帰宅すれば携帯電話に電話しろと言っておいた

12時過ぎに電話がかかってきてスシローに行った

予想通り順番待ち

席数が多いので案外早く案内された

基本的に待つのが大嫌いなのだが今日は息子の為なのでガマン

お客さんの数が多いのでが回っている寿司が少ない

この方がゆっくり食べられて良いかもしれないとも思うが

せっかちなので少しいらつく(笑)

古本屋でワンピースを買いたいと言うのでブックオフに

探したがない。いやあった。人気で古本の割に値段も高い

再考することにしたがもう1軒ある古本屋に行った

全部ではないがワンピースはあったので購入

息子の小遣いで買うので安いほうがいい

ブックオフ350円、近所の古本や250円

この100円は大きい

19巻かなあ、買っていた

親父は援助しない(笑)

親父は昨日黄昏流星群を1冊買ってさっき読んだ

マンガなのに感動して涙を流すんだなあ

これは歳とって涙腺がゆるんだのではなくて感動したからだ

まあいいか

最近はできるだけ息子を怒らないようにしている

息子に好かれようとしているわけではない

そろそろ自由にさせようかということだ

私の考えとしては、息子は自分の思い通りに生きて欲しい

親や家とかに縛られることをさせたくない

精神的にもさせたくない

この家の跡継ぎなんてことも絶対言わないし思わない

息子は息子だ

勉強ができた方がいいだろうと口うるさく言うのもやめた

近い将来に勉強しなかったのを後悔してからやり直せばいいのだ

そんな事を考えると気持が楽になったのは言うまでもない

高校卒業時、大学卒業時かわからないが

親や家を気にせず独り立ちして欲しいと願っている

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。